初めて翻訳依頼をしました

先週初めて翻訳会社に翻訳を依頼しました。

父の会社の製品を中国展開するために製品説明の日→中訳が必要ということで、父の代わりに翻訳会社に依頼をしました。

父が私に電話をしてきたのが先方に納品しなければならない納期の3日前(その上夕方・・・)、分量はエクセルとPDF合わせて約7000文字。(この時点で「はぁ?」です)

「イラッ」として「何でもっと早く言ってくれないの?」と父に言ったのですが、父は「3日もあるよ~」となんともお気楽な様子。(翻訳を依頼しなれていない人にとって、翻訳が時間の掛るものだと思わないのでしょうね・・・)。正直「間に合うかな・・・」というのが率直な気持ちでした。(現在中国が春節なので翻訳者はみんな休みなのでは・・・ないかという不安も)

とにかく絶対に納期だけは延ばせない(会社の命運が~)とわがままを言うので、自分自身がお世話になっている翻訳会社の中から何とかお願いを聞いてくれそうな翻訳会社、自分がチェックをしていて翻訳者の品質が安定している会社にすぐ連絡を入れました。

夕方だったことと、納期がかなり短いことから、チェックなしであれば何とか指定した納期で受けることができるという返答を頂き、自分がチェックをすることで受けて頂きました。

翌朝見積もりをいただいて、すぐに料金を支払い、結局翻訳を始めてもらったのが納期の2日前、何とか指定した納期までに納品していただくことができました。(本当に感謝です)

今までは、自分に短納期の案件が来ると「はぁ~↓」となっていたのですが、今回、初めて依頼側になったことで依頼する側の気持ちも痛いほど分かりました・・・。そして翻訳会社の迅速な対応に感謝でした。(料金にはかなり驚きましたが・・・)

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です