中国語翻訳者はまだ参入の余地あり

お付合いのある翻訳会社から、新しい翻訳者の選定に関するチェック業務を受けることがよくあります。

通常のチェック業務に加え、どういったミスをしていたか、コメントの入れ方に問題が無いかをフィードバックしています。

翻訳会社から翻訳者へフィードバックがいっているかどうかは分かりませんが(同じ翻訳者による同じようなミスが続くので・・・どうなのでしょうか)、圧倒的に多いのが字面による解釈からくる誤訳です(図を参照して内容を理解していればしないミスだと思うのですが・・・)。

あと、以外に多いのが翻訳会社からの伝達事項(訳語を合わせる、コメントの入れ方)などをしっかり理解せずに勝手に訳したり、コメントをしたりしている人が多いなという印象を受けます。これは、翻訳以外の問題なので・・・なんとも言えないのですが。

中国語翻訳業界は、人数的には不足しているという感じを受けないですが、やはり翻訳者のレベルとしては私も含めまだまだだと思います・・・。

きちんと内容を理解した上で翻訳をすることができる翻訳者であれば、新規参入の余地はまだまだあると思います。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です