久しぶりの投稿

前回の投稿が9月でしたので、かなり間が空きました・・・。

仕事の繁忙期と幼稚園の最終学年の役員をしているため・・・2学期はやはり分かっていたものの大変でした(汗)。今通っている幼稚園は保護者の負担がかなり大きな幼稚園です・・・(3年前、地元に急に戻ったためこの幼稚園しか空いていなかったのです・・・)。

来年の4月からは下の子も小学校に上がりますので・・・、あと一踏ん張りです。

幼稚園から小学校へ

我が家は兄弟とも幼稚園(2つの幼稚園)に通いました。

幼稚園でも保育園でもどっちでも良かったのですが、この仕事を始めた時夫が転勤族だったため転勤先で保育園を探すのは難しいだろうということと、お兄ちゃんがかなりの人見知りだったため、幼稚園くらいの保育時間(8時~14時)くらいの方が良いのかも知れないと思ったことが理由です。

上の子が幼稚園に上がった頃(5年前)からこの仕事を始めました。仕事を始めた頃、仕事と育児のペースが上手に掴めず、子供に負担を掛けた時もあり、夫との家事の配分に悩むこともあり、仕事を初めて良かったのか後悔した日もあり・・・、周りの翻訳者の方が新しい事に挑戦してどんどん先に進むことに焦ったこともあり。

いろいろなことがあった5年間でしたが、やはりあの時仕事を初めて本当に良かった、そして限られた時間の中でも自分のできる範囲で仕事を続けて本当に良かったと思っています(経済的にも精神的にも)。

来年の4月から次男も小学校へ上がります。(学童には入らない予定です)

【仕事時間の変化】

~2010年3月(卒園まで)

8時~14時(6h)※終わらないときは夜中若しくは早朝に仕事をします

2010年4月~(小学校入園から)

8時~15時半(7.5h)

1日1.5h×20日=30h×3000円=90000円

単純計算で仕事を増やせば、月10万くらいは収入が増えそうです。(現実的には、翻訳以外の仕事にこの時間を割こうと考えています。)

現在のスケジュールでの収入の限界

この5年間ほぼ変わらないスケジュールで仕事をしています。

夏休み、春休み、冬休みなどの子供の大型休みの時は仕事を6~7割程度に減らして受注しています(子供は預かり保育がないので、早朝、夜中が主な仕事時間となります)。

通常の月は、基本的に朝の8時~14時の6h(月に4日程度幼稚園の出事あり)。

収入の変化

2015年 約32万円(下の子が未就園のため夜中だけの仕事)

2016年 約200万円

2017年 約300万円

2018年 約380万円

2019年 約390万円

幼稚園のスケジュールに合わせた仕事時間や現在の単価、夫も休みが少ないためほぼワンオペ育児という環境では400万円(全て中国語案件)が限界かな・・・というのが印象です。

参考までに、個人的な感覚ですが中国語のみの案件でも保育園(8時~16時位まで)に預けられるような環境であれば収入の目安として500万~600万は十分に可能であると思います。

今年3月に出張予定

現在、コンスタントに仕事を受けているのは3社です。以前はこの他に2社からも仕事を受けていたのですが、どうしてもお断りすることが多く残念ながら仕事の依頼も減ってきていました・・・。

毎回、依頼していただく→お断りするという手順が申し訳なかったため、夏頃に半年間は仕事を受けることができないという旨の話をし、下の子が小学校に上がる4月からまた仕事をしっかりとさせて頂きたいということになりました。(実際、その時にならないと分かりませんが・・・)

そのため、3月に今後の仕事の仕方も含め、一度全社とお話しをさせて頂こうと考えています。

新しい事にチャレンジできなかった5年間

翻訳の仕事が少し軌道に乗るようになって、翻訳以外の事にチャレンジすることも本気で考えた時期がありました(周りの翻訳者も翻訳以外の分野に目を向け始めた時期)。私の場合は、まだ子供が小さく手が掛かる時期だったことや、時間的、経済的に翻訳の仕事に全てを注ぐ方が今の自分にとっては良いと判断し、結局翻訳オンリーでこの5年間やってきました(一部、翻訳会社以外との仕事は始めましたが、内容は翻訳です)。

チャレンジしなかっただけで、やりたかったことはあるので、来年からやろうと思います!!

さぁ、残り数ヶ月、次男との幼稚園生活を楽しみたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です