今年は年末まで仕事、年始から仕事(質問追記しました)

3年前に転勤族生活に終止符を打ち、今はお互いの実家まで30分の所に暮らしています。

転勤族生活をしていた頃は、お正月はすべて帰省でスケジュールが埋まっており、仕事は一切受けていませんでした。

3年前から地元に戻ったことで、お正月は日帰りでお互いの実家に挨拶に行きます。夫も昨日から正月休みに入り、5日までお休みとのこと。普段なかなか家族4人でゆっくりできないので、お正月休みは遠出せず、家族でボードゲーム屋さんに行って遊んだり、カラオケに行ったり、カツ丼を食べに行ったりと次男が考えていた「やりたいことリスト」を1つずつ叶えながら、ゆっくり(ダラダラ)過ごしています。

子供達もすごく楽しそうです。

さて、仕事の方はというと・・・今年はとにかく年末年始の仕事の依頼が多いこと(汗)。家族での予定もあるので、1日2,000文字以上は受けないと自分自身で決めてお断りした案件も多かったのですが・・・それでも追加追加で結局年末年始の休みはなくなりました(涙)。

(冬休み期間の仕事時間は基本的に早朝3時~午前9時の「6時間」です。)

 

もうすぐ新しい年を迎えます。

2020年は、自分自身でも新しいチャレンジの年と位置付けているので、固定観念にとらわれず新しい事にチャレンジしようと思います。

来年はブログの更新頻度もあげていこうとおもいますので、よろしくお願いいたします。

 

※小さい子供が居て、妻が年末年始も仕事を受けていると夫から嫌な顔をされませんか?(理解のある旦那さんで良いですね)という質問を頂きました。

お話しすると長くはなるのですが、我が家も5年前までは、子供が小さいうちは夫が専業主婦を望んでいましたので、妻が働く事に対して最初から理解がある夫ではなかったような気がします・・・。最初は、お小遣いの範囲(家事・育児はきちんとする)で家で働くということを条件に少しずつ仕事をはじめました(多少嫌な顔もされましたが見て見ぬ振りをしたときもあります)。私も最初はとにかく家族に負担を掛けない範囲で仕事を受けるというスタンスでしたが、子供が幼稚園に上がり、私の月収が初めて50万を超えたときから夫の態度が少しずつ変化してきました。夫もそのくらいの金額稼げるなら頑張れと応援してくれるようになり、決定的になったのは夫が公務員を辞めて転職をしてからです。夫だけの収入だけでは全く家計が回らなくなったことから、とにかく夫婦で頑張ろうと決めたのが3年前です。夫は転職後休みが少なくなったので、私が仕事を調整しながら家事と仕事をできる範囲でやっていますが(最近は、子供がかなりの戦力になっています)、その代わり夫が休みの時は私もかなり頼っていてバランスを取っています。子供も良いか悪いかは別にして、お母さんが家で働いているということに5年も経つと慣れてきて、仕事が忙しいときなどはいろいろな形でお手伝いをお願いすることも多く、本当に助かっています。(子供達もお小遣いというやる気の源があります)

もし、夫に十分な収入があって・・・ということであれば、きっと夫も私が年末年始まで仕事をすることに対して良い顔はしないのではないかと思います。

 

余談ですが・・・

今のところ、年末の仕事も早朝の時間を使ってありがたいことにスケジュール通りに進んでいますが、忙しいこともあってか(性格の問題もあると思いますが・・・)、私・・・仕事以外の事は本当に抜けていて・・・かなり家族に迷惑を掛けています。昨日も年末の買い出しにイオン行って3カゴ分の買い物をしたのですが・・・2カゴ分しか詰めて帰らず・・・1カゴ置き忘れて帰ってしまいました・・・。帰って気づけばまだ良いのですが、次男が選んだオレンジがないと夫に言われて初めて「あれもない、これもない」と閉店1時間前に気づきました・・・(汗)。

子供達も私の性格は良く分かっていて、長男から「ママ、またやっちまったね・・・」と一言。イオンに再度行ってくれた夫と長男、「うちのママがすみません、本当に」と長男がイオンの店員さんに言ってくれたそうです(恥)。息子よ、申し訳ない。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です